イーホームアシスト

四日市市 雨漏り対策工事

こんにちは。イーホームアシストです。
今回は三重県四日市市にある餃子の王将四日市ときわ店 様の雨漏り対策工事を紹介させて頂きます。
従業員様が使用されている更衣室天井からの雨漏りを止めてほしいとのご依頼でした。

早速現地にお伺いし、まずは雨漏りの原因や場所を特定するため、目視による調査を行います。

雨漏りが発生していた場所は上記写真の左側出入口入ってすぐ右側からで、すぐ近くに天井点検口が設けてあったのでそこから天井裏の確認をしました。

天井裏の空間は非常に狭く直接目視できる状態では無かったため、カメラを利用し撮影しましたが、鉄骨部分には雨漏りにより発生したサビ交じりの雨染み、天井板にも黒い雨染みがくっきりと残っているのが確認できました。

外部にも雨水が垂れてできた跡がくっきりと残っています。

内部への雨水浸入箇所、外部雨垂れの確認が済んだため、次は実際に一定時間外部から水をかけ、雨が降っている状況を人工的に作る散水調査を行っていきます。

上記は建物の屋根部分の写真になりますが、実は今回の雨漏りは初めてではなく以前他社で対策工事をしたにもかかわらず改善されなかったため、今回に至ったという経緯があります。


2つの建物の繋ぎ目に板金材を貼り両端はテープが貼られていましたが、テープの劣化が進んでいたため、まずはテープ部分を中心に散水を行いました。
10分程数か所に分けて散水を続けましたが、屋内への雨漏りは確認出来ませんでした。

散水試験を行いながら建物の構造、水の流れを想像しながら外部と内部の確認を何度も繰り返し散水試験を行うこと30分、雨漏り診断士の面目も保たれ、やっと浸水箇所と原因の特定が出来ました。少し苦戦してしまいました(汗)

上記写真だと分かりづらいかもしれませんが、天井裏への雨漏りも再現することが出来ました。
原因としては、テープを剥がした箇所に溜まった雨水が外部ではなく内部へと溢れ出し(オーバーフローし)雨漏りが起こっていたため、それを止めるために板金工事を行います。

元々施工されていた板金材は幅が狭く、さらには両端をテープで貼り付けていたため、両端をL字に加工した板金材で完全に覆うことでテープの劣化が進行したとしても雨水の浸入はしっかりと防ぐことが出来ます。

また、雨水の浸入した両端も防水処理が不十分だったため元の板金材は剥がし、内部の防水処理後に新しい板金材で覆いました。

↑↑↑新しい板金材施工後

お仕事中にもかかわらず従業員の皆様も快くご協力くださり、無事に終えることが出来ました。
原因特定や工事そのものはうまくいきましたが、すんなりと解決出来たわけではなかったため、やはりもっと沢山の経験や知識など雨漏り診断士としてもっともっとレベルアップしていかなければと再認識することのできたご依頼でした。
これから一件でも多くの雨漏り解決に貢献出来るよう精進していきます。

餃子の王将 四日市ときわ店の皆様、工事中に食べたランチとても美味しく頂きました。
工事とともに美味しいランチを提供してくださりありがとうございました。

2020年9月3日  カテゴリー: 施工日記

私たちは、あなたの大切な住まいづくりをサポートする住まいのコンサルタントです。
誠心誠意対応させて頂きます。
どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。
また、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。