イーホームアシスト

桑名市 屋根カバー工法

こんにちは。イーホームアシストです。
前回のブログからだいぶ時間が空いてしまいましたが屋根カバー工法の続きです。

二次防水のルーフィングを張った後は細かな板金部材(役物)を取り付けていきます。これも雨漏りを防ぐための非常に重要な部材で、壁と屋根の接合部分や、屋根外周部分(ケラバや軒先)へ取り付けていきます。

役物の取付が終わったら屋根材本体を軒先側(下から)から順番にビスで固定していきます。

最後に一番上の棟材を取り付け完成となりました。(完成写真が少なくてすみません)
塗装であれば10年前後での塗り替えが必要でしたが、これでもう基本的にはメンテナンスフリーの状態になりましたし、雨漏りの心配も無くなり一安心です。
ただ、やはり屋根というのは365日雨風や雪、太陽に照らされ、常に過酷な状況にある箇所になりますので、弊社では定期的にアフター点検を実施しさせて頂いています。

K様、数ある業者の中から弊社をお選び頂きありがとうございました。
今後ともしっかりとアフターフォローさせて頂きますので宜しくお願い致します。

2020年8月27日  カテゴリー: 施工日記

私たちは、あなたの大切な住まいづくりをサポートする住まいのコンサルタントです。
誠心誠意対応させて頂きます。
どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。
また、お見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。